イボは病院で治るのでしょうか?病院で治療する方法を調べてみました!

赤みをもったり、ポツポツとしたものが顔に出来たりしたら、それだけで女性のテンションは下がりますよね。

 

イボは多くの女性にとって悩ましい問題です。そんなときは、イボをどのように治療していくでしょうか。

 

イボに効くお薬を探す?

 

まず思いつくのは、薬局やドラッグストアで販売している市販薬を使う事ですよね。塗り薬や針薬、内服薬など、色々あります。

 

ただ、イボにも種類があるので、そのときの使う薬によって効き方も様々です。また市販薬だと対処療法のような形になってしまいます。

 

そこで、やはり一番確実な治療方法を見つける、対策を考えるとすれば、「病院にかかる」ことではないでしょうか。

 

イボがどのようなタイプで、どのおうな対策をとればいいかの適切な治療を行ってくれるからです。皮膚科、病院などといった医療機関。それではどのような治療法が行われているか、実際に見ていきましょう。

 

病院でのイボの治療法は色々

 

病院にかかって治療を行う場合、おおざっぱに分けると二つに大別されます。

 

レーザー治療、液体窒素の治療などの「外科的な治療」。もう一つは、薬を内服することで治療を目指す「内科的な治療」です。

 

病院での治療を掘り下げて一つ一つ見ていきます。

 

レーザー治療

 

読んで字のごとく、患部にレーザーを照射して、イボをくりぬく方法です。レーザー照射は出血も少なく痛みもあまり感じません。半年も通院治療をすれば改善されるようです。

 

しかし、デメリットとしては、レーザーにかかる費用が病院によってマチマチでばらつきがあることです。

 

液体窒素による治療

 

液体窒素はマイナス196℃という超低温の液体です。この液体窒素を綿棒に湿らせます。それを患部に押し当て、焼き切るという方法です。そのため、レーザーに比べ痛みを伴うことがあります。

 

また患部のケアをしないとばい菌に感染する恐れがあります。

 

レーザー治療に比べると、お値段はリーズナブル。しかしデメリットとしてはイボの根の取り損ねによる再発も考えられます。

 

内服薬による治療

 

「ヨクイニン」という成分がイボに働きかけ、イボの除去を促します。

 

ただ、この内服薬の場合、どうしてもすぐに治るわけではなく、半年以上など時間的にかかりすぎるデメリットがあります。これらの様々な治療法は、症状やその人の肌質、体質によって合う合わないがあります。

 

自分の症状を医師にきちんと診察してもらい、適切な処置をしてもらうよう努めてください。

 

そんなあなたにおすすめできる化粧品

 

イボを治療する方法は外科的なアプローチと、内服という内側からのアプローチがありましたね。

 

実は化粧品で、イボに効果があるものがあります。「艶つや習慣」という化粧品です。

 

先ほど紹介したヨクイニンという成分が配合されているハトムギエキスが含まれ、イボのケアに効果があります。さらに化粧水、美容水、乳液などの基礎化粧品の働きも兼ねるオールインワン化粧品なんですよ。

 

イボのケアが出来て、日ごろのお肌ケアもできる、この化粧品。貴方も一度ためしてみませんか?

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細