イボを治すのに液体窒素を使った治療法がある?

ポツポツとしたイボ。顔に出来たりすると、嫌でたまりませんよね。

 

イボは古い角質が固まってしまったもの。それが皮膚の表面に出てきてしまったものなのです。何とか、イボを消したい。そのケアをしたい。そんな方も多いのではないでしょうか。

 

イボケアの化粧品などもありますが、イボケアにとても効くという「液体窒素」を使った治療方法があるんです。

 

「液体窒素」。なんだか、怖くて劇物的な感もしますが、実際のところ液体窒素を使った治療はどんなものでしょう。それは効果を表すのでしょうか。

 

液体窒素って何!?

 

そもそも液体窒素とはどういうものでしょうか。

 

窒素は地球の大気中に78%含まれています。常温では当然のように気体です。窒素が液体になった状態を「液体窒素」といいますが(当然と言えば当然ですが)、その温度はマイナス196度になります。

 

窒素自体には、ほとんど人間にとっては無害の物質。その無害かつマイナス196度という超低温であることを利用します。この液体窒素を綿棒に含ませて、それを患部に直接押し当てるのです。

 

うわぁぁ。何だかとっても冷たそうですよね。

 

実際、とても冷たいです。「低温やけど」になります。この超低温によって、異常組織を「壊死」させるのです。液体窒素の治療法とは、人体に無害な窒素を使い、イボを押し当てて壊死させて死滅させる方法なんです。

 

その壊死した細胞の下では、皮膚が細胞分裂を始めて皮膚の再生を始めます。そうすると、このイボのおおもとの組織が上にあがってきます。

 

これを何度か繰り返すことでイボの根本的原因を絶つのです。別名「凍結療法」と言います。

 

液体窒素の凍結療法の仕方。メリットデメリット。気になる部分をチェックしましょう

 

 

さて、この液体窒素による凍結療法。具体的に方法を見ていきましょう。

 

  1. 綿棒に液体窒素を染み込ませます。綿棒の大きさは患部の大きさに合わせて綿を補充するなどします。
  2.  

  3. 液体窒素を含ませた綿棒をイボに直接押し当てます。
  4.  

  5. この作業を、数日に分けて繰り返します(3週間間隔が主です)。その回数や頻度は医者のカンと経験がモノをいいます。

 

もちろん一度で治るものでありません。数回続ける必要があります。回数を重ねていくと、患部がぽろっと落ちていきます。

 

この液体窒素による凍結療法にはメリット、デメリットがあります。

 

(メリット)

  • 保険が適用されます
  • 治療自体はとても簡単。
  • 小児から大人まで治療対象になります

 

(デメリット)

 

  • 幹部に激しい痛みが伴う場合があります
  • 大きな水ぶくれなどができると生活に支障をきたす場合もあります。
  • 強く治療しすぎると、傷跡が残る場合もあります。

 

今まで液体窒素の凍結療法をみてきましたがいかがでしたか。イボを治す方法としては、お勧めではあります。

 

しかし、外科治療は怖い。もっと気軽になおすことはできないか?とお思いの方もおられるのではないでしょうか。

 

そんなあなたに勧めたい、艶つや習慣

 

イボを治す、おススメの化粧品があります。

 

艶つや習慣という化粧品です。このジェルひとつでイボのケアから美容液、乳液の働きをしてくれるオールインワンの化粧品なんです。

 

お肌のケア商品は数多くあれど、イボのケアまでしれくれるのは、この艶つや習慣。有効成分である「ハトムギエキス」「あんずエキス」などがイボに働きかけ、身体の内側からケアしていくのです。

 

私の友人も、この艶つや習慣を使って、一か月もしないうちに、イボがなくなっていったと証言しています。是非、この機会に、艶つや習慣を、試してみてはいかがでしょうか?

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細