イボの痛みを取る方法は?イボはなぜ痛むの??

辛いイボの痛み、一刻も早く取りたいですよね。

 

今回はイボが痛む原因や、イボの痛みを取る方法をご紹介します!

 

なぜイボは痛むのか?

 

まず、なぜイボは痛むのでしょうか?イボは、イボそのものが痛む訳ではありません。

 

そもそも、イボ自体が痛みを発することは無いのです。

 

足の裏や足の指などに出来たイボは、自分の体重や靴などで負荷がかかり、イボの痛みに繋がります。

 

また、身体に出来たイボは、衣服やアクセサリーに擦れて痛みが現れる場合もあります。

 

また、一度イボの治療を行っている場合、治療の傷跡が痛んでいる場合もあります。

 

イボの痛みを取るには?

 

<皮膚科での治療>

 

まず、イボの痛みを取るためには、イボを除去することが1番です。

 

そのために、皮膚科などで、専門の医師に診てもらうことが重要です。

 

皮膚科での治療は、主に3つあります。

 

@液体窒素による治療法

 

マイナス196度の液体である、液体窒素をイボに当て、イボをウイルスまで焼き切ります。

 

この液体窒素による治療法は、かなりの痛みを伴います。

 

上手く治療することが出来れば、ウイルスまで取り除くことが出来るので、ウイルス性のイボに向いている治療法です。

 

Aレーザーによる治療法

 

レーザーをイボに照射して、イボをくりぬきます。

 

他の治療法に比べて、痛みが少なく、跡も残りにくい治療法です。

 

しかし、保険適応外にしている医療機関が多いため、治療費が高額になる場合があります。

 

Bハサミで切る治療法

 

ハサミで隆起しているイボを切り取ります。

 

隆起しているイボを切り取るのみなので、ウイルスまで除去するのは難しいです。

 

ウイルス性ではない老人性のイボなどに向いている治療法です。

 

以上の3つが、早くイボを取り除くことが出来る主な治療法です。

 

しかし、上手くイボが取り除けなかった場合は、イボの治療による傷が痛む原因ともなります。

 

液体窒素による治療法は特に、上手くイボを取り除くことが出来ず、イボの痛みが余計に酷くなったり、イボの再発の原因にもなります。

 

ですので、皮膚科の医師とよく相談して、イボの治療を行いましょう。

 

自分でできるイボの痛みの予防は?

 

イボの痛みを取るには、イボを皮膚科で除去することが先決です。

 

しかし、イボが痛む原因が自分の行動にあれば、本末転倒です。

 

首にイボがある場合は、ネックレスなどのイボを刺激するアクセサリーはつけない。

 

また、衣服などが擦れないように、サイズの合った肌着を身に着けるなど、自分でイボの痛みを予防することも大切です。

 

最後に

 

イボの痛みがある場合は、必ず病院に行きましょう。

 

イボを除去しないことには、基本的にはイボの痛みを取ることは難しいです。

 

ですので、皮膚科の医師とよく相談した上で、自分に合った治療法でイボを除去することが先決でしょう。

 

また、ウイルス性ではない、老人性のイボなどに適しているクリームなどが販売されています。

 

そこでおススメするのが、『艶つや習慣』という商品です。

 

『艶つや習慣』は、イボを除去する成分だけではなく、美肌効果も期待できるオールインワンジェルです。

 

自宅で気軽にイボの治療や予防を行うことが出来るので、ぜひお試しあれ!

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細