イボをセルフケアする場合、どんな商品を選べばいい?

イボを自宅でセルフケアするとしたら、どんな成分がイボに効くか知りたいですよね。

 

どんな成分が含まれているものを選べばいいのか詳しくみてみましょう。

 

イボに効く成分とは・・・?

 

◎ヨクイニン

 

ヨクイニンは、お茶で有名なハトムギの皮をのぞいて種から作られる生薬で、イボに効くとされる成分の代表格です。

 

病院で処方される薬にも入っていることもあるし、薬局で漢方薬も売っています。

 

ハトムギは昔から肌をきれいにすると言われていますが、これはコイクノライドという成分が含まれているからです。

 

コイクノライドには、新陳代謝を高める効果があり、皮膚の角質細胞の代謝を活発にし、排膿や解毒を促進します。

 

この作用がイボに効き、またイボ以外にもニキビやアトピー性皮膚炎、肌荒れ。二の腕ののブツブツにも効果があると言われています。

 

はと麦を食品として摂取する方法も有効ですが、直接ヨクイニンが含まれたクリームを塗ることが、いわゆる老人性イボには効果的と言われています。

 

◎オウバクエキス

 

オウバクエキスとは、黄柏というミカン科の落葉高木キハダの樹皮を乾燥させた生薬です。

 

日本では、漢方が入ってくる以前の縄文時代から薬として用いられており、様々な健康効果があります。

 

オウバクの主成分のベルベリンには抗菌作用があり、胃腸を整えたり、ニキビや皮膚炎などの皮膚の疾患にも絶大な効果があります。

 

イボの治療に使用する場合は、ヨクイニンなどイボに効く成分配合の美容クリームなどを使用すると相乗効果で効果が早く現れます。

 

◎ドクダミエキス

 

ドクダミエキスは、どくだみという植物からとれる成分です。

 

どくだみは強烈なにおいと繁殖力の雑草ですが、昔から十薬と言われるほど万能な薬とされていました。

 

殺菌作用や抗酸化作用があり、特に排膿や解毒効果に優れています。

 

血液の浄化作用により様々な病気の予防や、様々な皮膚トラブルにも効果絶大です。

 

お茶として飲んでも美肌効果がありますが、生の葉は抗菌作用が強いため、イボや湿疹、水虫などに効果があります。

 

イボなどに生の葉をすりつぶしたものを直接塗る方法もありますが、美容クリームなどに配合されているものを使うのが簡単でおススメです。

 

◎ハトムギエキス

 

ハトムギエキスは、はと麦から作られるお茶に含まれる成分です。

 

はと麦茶は、アミノ酸やビタミン、ミネラルを多く含み、昔から漢方薬としても利用されてきました。

 

皮膚に直接塗ると、イボやニキビに効くと言われ、飲めば美肌に効くとされています。また栄養価も高いため健康にもいい優れものです。

 

年齢とともに硬くなる角質を滑らかにし、キメの細かい肌にしてくれるので、昔から美肌の万能薬と言われています。

 

100%はと麦を利用している物の方が、効果が早く出やすいので、なるべく100%のものを選ぶようにしましょう。

 

◎杏仁オイル

 

杏仁オイルは、あんずの種から抽出した油です。

 

血液サラサラや老化防止で有名なオレイン酸が豊富で、皮膚にも浸透しやすいため、美容オイルとして最適です。

 

杏仁は昔から生薬としても利用されており、潤腸や解熱、鎮咳、殺菌作用があります。

 

また、イボに効くと言われており、皮膚の乾燥や肌の老化防止に効果的です。

 

肌に直接塗る場合は、100%の杏仁オイルにほうが酸化しにくいので適しています。

 

あんずの種の中にある、仁から搾ったあんずエキスには肌のバリア機能を高める効果があります。

 

それ以外にも、肌のターンオーバーに重要なパルミトレイン酸も豊富に含まれています。

 

これらの成分がイボに効くとされている成分です。

 

イボのセルフケアのための商品を選ぶときは、これらの成分が含まれているかをチェックして探してみましょう。

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細