イボを治す飲み薬ってあるのでしょうか?イボの治療薬を探ってみました。

顔や首元、胸元。ふとした瞬間に、そこにイボがあることに気付く。

 

そんな経験ありませんか?イボは見た目にも女性の敵。一刻も早く消してしまいたいと思っているはずです。

 

病院や皮膚科に行くのはちょっと大げさで、市販の飲み薬で治るものであれば、それに越したことはないですよね。

 

まずは、ここで大切な情報があります。

 

このイボに効く薬。これに保険が適用されているのは、なんと一種類の「成分」しか認められていないんです。それは「ヨクイニン」という成分のみ。漢方薬由来の成分ですが、このヨクイニンがイボに効く保険適用の成分になります。

 

つまり、市販されているイボの飲み薬には必ず、「ヨクイニン」が配合されているということになります。

 

そもそも、このヨクイニン。ハトムギという植物からとれる成分です。抗炎症効果が得られるもので、昔から漢方として使われています。

 

そのほかにも、もともとが植物なので栄養素が豊富です。ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。

 

お医者さんでも、まずイボといえば、ヨクイニンという認識で処方されるものになります。

 

もちろん、速効性のあるものではないのですが、毎日のケアでイボをケアしてくれるのです。

 

イボは古い角質が固まってしまったもの。足の裏であれば強力な効果のある薬で治療できます。しかし、顔はとてもデリケートな部分。なまじ効果が強いと顔をキズつけてしまいます。

 

植物由来で安全性の高いヨクイニンが好んで、飲み薬や塗り薬としても使われるということなんです。

 

市販のイボケア商品。色々あります

 

イボに効果がある商品は色々あります。塗り薬だけでなく、飲み薬もあるんですよ。

 

速効性を求めるのであれば塗り薬ですが、身体の内側から治したいのであれば、内側からケアする飲み薬をお勧めします。

 

市販薬の主なラインナップは以下の通りです。

 

イボコロリ(塗り薬)
紫雲膏  (塗り薬)
ヨクイニンエキスS(飲み薬)
イボケアEX(塗り薬)

 

塗り薬に関していえることは、速効性の効き目を重要ポイントに置いているため、使える部位が限定されてしまうこと。

 

飲み薬に関して言えば、イボが治るまで、時間がかかってしまうという事なんです。内服なので、身体の内側から治すこと。つまりは身体本来の「治癒力」がイボを治していきます。

 

なので、どうしても時間がかかるということなのです。

 

だからこそ。お勧めしたい「艶つや習慣」

 

イボケアの商品は一長一短。やっぱりお顔もケアできるものが望ましいですよね。そんなあなたに、「艶つや習慣」をお勧めします。

 

イボケアだけでなく、乳液、美容液など、肌ケアもできてしまう夢のような商品なんです。もちろん、今まで散々紹介してきた「ヨクイニン」を含むハトムギエキスもふんだんに配合されています。

 

イボのケアもできて日頃の肌ケアもできるのであれば、これは女性の強い味方ですよね。是非是非、艶つや習慣の公式サイトをのぞいてみてください!

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細