気になるイボを治してくれるサプリって本当にあるの?

ポツポツできてしまって気になるイボ。イボ治療きに効くサプリはあるのでしょうか?調べてみました。

 

「ハトムギサプリでイボは治る?」

 

メディカルハーブとして重宝されるハトムギ。ハトムギの成分であるヨクイニンはイボ治療に効果があると言われています。

 

このヨクイニンを服用して摂取できるハトムギサプリがDHCから出ています。

 

DHCのハトムギサプリはドラッグストアでも購入できるので、手軽に試すことができます。

 

また、20日分で400円程度とコストパフォーマンスがいいのが特徴です。

 

ただ、このDHCのハトムギサプリのヨクイニンエキスは170rとあり、漢方に比べると含有量はかなり低いのが気になります。

 

単純にイボ治療のためであれば、漢方の方がいいかもしれません。そもそもパッケージを見てもイボ治療に効くとは書いてありません。

 

あくまでサプリなので、長期的に体の内側から肌の状態を改善したい人向けで、イボ治療の即効性には期待薄です。

 

ただ、ヨクイニンエキスの含有量は低くても1日あたりの金額が安価なので、美肌や健康のために長期的に飲むのであれば有効だと思います。

 

漢方のヨクイニンでイボは治る?

 

では、漢方のヨクイニンで摂取するのはどうでしょうか?

 

様々な製薬会社から出ている漢方のヨクイニン。

 

クラシエのヨクイニンタブレットでは、ヨクイニンエキスは1,500r入っており、小太郎漢方製薬のヨクイニンS「コタロー」では2,000r入っています。

 

サプリに比べたらヨクイニンエキスの含有量としては優秀です。

 

しかし漢方はあくまで薬ですので、用法・容量をきちんと守らないといけません。

 

稀ではありますが、じんましんや、胃の不快感などの副作用の可能性もあります。

 

ハトムギサプリにしても漢方のヨクイニンにしても、長期的に服用することで体質改善していき、徐々に効果があらわれるものです。

 

短期的に症状を改善するものではありません。根気よく服用を続けていくことが必要となります。

 

では、イボ治療はとにかく気長にハトムギサプリや漢方を飲み続けるしかないのでしょうか?

 

サプリや漢方は、体の中からジワジワ効かせていくもので、時間がとてもかかります。

 

そこで、サプリや漢方と併用して、ヨクイニンやハトムギエキスが入っているオールインワンジェルなどの化粧品を併用するのがおすすめです。

 

患部であるイボに直接塗ることができるので、飲むだけより即効性があります。

 

肌荒れの大きな原因の乾燥はイボにもよくありません。乾燥は、肌のバリア機能を衰えさせてしまうのです。

 

ヨクイニンやハトムギエキスが配合されたオールインワンジェルなどの化粧品を使うと、イボのケアをしながらしっかり保湿してくれます。

 

それに加え、ヨクイニンの排膿・解毒効果をはじめ、ハトムギエキスの肌をなめらかにする効果も、直接患部に浸透するので効き目が早いです。

 

硬くなってしまった角質のかたまりであるイボを保湿して柔らかくすることで、取れやすくしてくれます。

 

血行を促進してターンオーバーを助けてくれる成分が配合されている化粧品であれば、さらに効果が期待できます。

 

イボの治療を考えた場合、サプリや漢方に頼るだけでなくハトムギエキスやヨクイニンが配合された化粧品を使うことがおすすめです。

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細