角質粒でかゆみがあるのを治すことはできるの?

「かゆみがある角質粒をなんとかしたいです。それとも角質粒ではないのでしょうか?いろいろ調べていますが、どれに当てはまるのかわかりません。ぜひ教えてください」

 

通常、角質粒は痛みやかゆみが起こることはあり得ません。

 

おそらくネックレスなどのアクセサリーなどで引っかかってかゆみを引き起こしたり、ムズムズする可能性もありますね。

 

角質粒の正しい知識をご存知でしょうか?

 

そもそも角質粒とは?

 

良性の腫瘍です。年齢を重ねると肌サイクル(28周期が通常と言われています)がうまくいかず、新陳代謝が乱れてきます。

 

20代でも起こりえる症状です。

 

<角質粒がなぜできる?>

 

よく言われていることは肌の大敵「紫外線」です。

 

紫外線のUV-Aを浴び続けることで、何も紫外線対策を行わずにいると肌奥深くの真皮にまで行きわたり、肌老化へ進んでしまうのです。

 

他にもUV-Bなどがありますが、ガラスなどで防御できますが、これも直接肌に当たるとしみ・そばかすへの原因となります。

 

なので、若いころに紫外線に無頓着でいたつけが、じわじわと肌を傷つけ、肌が硬くなってきます。(肌の角化)

 

通常なら落ちていく角質が肌にとどまり、蓄積されることにより塊になったものです。

 

しみの素メラニン色素と結びつくこともあります。(褐色や黒か色に見えるのはそのせいかもしれません)

 

これがザラザラ・小さな粒が増えていく原因と思われます。

 

もう一つ付け加えると肌サイクルが乱れてくると、本来の肌機能の働きが弱くなっていきます。

 

いわゆる肌のバリア機能ですね。

 

これは一番上の皮膚「表皮」が外部の刺激を防ぎ、肌の乾燥やキメを整える働きをします。

 

表皮本来のバリア機能が低下してしまうとどうなるでしょうか?

 

表面が荒れを起こし、内部に保持していた水分が奪われ、肌が乾燥し始めます。

 

表皮の中の角質層に存在するセラミド(保湿成分)が減っていきます。

 

これが肌トラブルを引き起こす原因ともなるのです。(かゆみも肌トラブルの一種に入りますね)

 

角質粒といっても大きさも症状もさまざまな症状があります。

 

イボとも言われていますね。

 

<イボの種類>

 

脂漏性角化症

 

老人性いぼとも言われ、皮膚の良性腫瘍。

 

放置しても問題ないが数が増えてきたりして、見た目を気にされる方が多いです。

 

顔以外にも全身にもできやすいと言われてます。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

 

指、ひじ、ひざにできやすい。

 

手足の関節が擦れたり、怪我をするときに擦れあうことが多い場所にできやすいと言われています。

 

硬い突起状でまるい形をしています。

 

小さい半と名菜突起状から大きくなると表面が擦れてざらつきが見られます。

 

足底疣贅(そくていゆうぜい) 

 

足裏に現れやすいイボ。

 

足裏にできるため、体重がかかることで平らになっていきます。

 

イボがのめり込むので、その周りが角化しその皮膚で覆われてしまう症例が多いです。

 

ウィルスが原因でもあるので、裸足で普段過ごす方がかかりやすい症状です。

 

これは魚の目やタコと違い、削ろうとすると出血します。

 

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

 

 別名水いぼと呼ばれています。

 

1ミリから3ミリぐらいの白い塊を囲む柔らかいイボが脇・ひざ・ひじ・胸元に現れます。

 

複数のいぼが一気に出てくることが多いです。

 

これもウィルス性とも言われており、子供がプールなどで感染しやすいのもご存知かもしれません。

 

自然と治癒する場合が多いですが、治癒までの完治がつかめないのか特徴です。

 

水イボと分かったら専門医の診断・治療をおすすめします。

 

扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)

 

 若い世代しかみられることがない症状。

 

顔や手の甲に2、3ミリの平らないぼができることがおおいです。

 

隆起が見られ、薄い褐色色をしています。

 

成長ともに自然治癒してのが大半です。

 

尖圭(せんけい)コンジローム  

 

性器にできるイボ。

 

形状は様々です。進行すると臭いが出てきます。

 

性交渉で感染し、性病の一種として見られます。

 

潜伏期間が3カ月程度あると言われ、注意が必要です。

 

再発や移転もする恐れもあるため、専門医への治療をおすすめします。

 

脂漏性角化症について悩まれている方へ

 

この中でも 脂漏性角化症で悩まれている方が多いのではないでしょうか?

 

脂漏性角化症に有効な成分「ヨクイニン」を含むオオムギが昔からイボ取りの漢方薬ともして使われてきました。

 

これと美肌効果が期待できるあんずエキスを含んだ「つやつや習慣」をご存知でしょうか?

 

オールインワンタイプのジェルなので、イボの部分に丁寧に数分マッサージを続けていくと、イボが枯れて硬くなり、ポロっと取れるすぐれもの。

 

病院でもイボを取ってくれますが、おうちでじっくり治していきたいなら、試してみる価値がありそうです。

 

角質粒と取りこれ以上増やさないためにも「つやつや習慣」でネックレスの擦れによるかゆみを気にすることなくなりそうですね。

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細