目の周りのポツポツが気になるあなたへ・・・

「今までなかった目の周りのポツポツ。気になってしょうがないです。年齢のせいとあきらめるしかないのでしょうか。
目の周りのポツポツとさよならできるのならこんなうれしいことはないのですが」

 

女性のライフスタイルって年齢ともに変わっていきますね。

 

仕事や家庭に大忙しだったのに気が付いたら、体の変化を否応なく感じてしまいますね。

 

目の周りになぜポツポツができてしまうのかご説明いたします。

 

大きく分けて稗粒腫(はいりゅうしゅ)・汗管腫(かんかんしゅ)・眼瞼黄色腫 (がんけんおうしょくしゅ)の3つに分けられます。

 

目の周りにポツポツができてしまうメカニズム

 

稗粒腫:顔の皮膚にできやすい白い小さな老廃物のことを言います。

 

稗粒腫は角質が入った袋状になっています。

 

白い色をした粒のように見え、良性の腫瘍(脂肪の塊)とも言われてます。

 

この小さな塊は、ほっぺた、目の周り、額にできやすいと言われています。

 

毛穴が皮脂によってふさがり、ニキビとなって炎症を起こす全段階のものとも言われてます。

 

毛穴が傷んだのち、表面の皮膚が袋状になって治ったためにできたともいわれてます。

 

そこに角質がたまり、かたまりが大きくなると外へ押し出されるという仕組みです。

 

大きさも米粒うぐらいに大きくなってしまうものや針の頭ぐらいまで様々です。

 

通常痛みやかゆみが見られないのが特徴です。こすらずにいるとなくなっている場合もあります。

 

まだ、現段階で原因や予防法が確立されておらず、この稗粒腫についてよく分からないのが実情です。

 

どうしても気になるなら自分で除去するのは大変危険です。

 

皮膚科で取り除いてもらうのがおすすめです。

 

汗管腫:30代からの女性に多くみられる加齢のよる皮膚の衰えの一種で目の周りにできやすいのが特徴です。

 

なぜ 汗管腫が出てくるのが今のところ原因がよく分かっておりません。

 

しいていうなら、遺伝的要素・ホルモンバランスの変化・加齢による肌変化に共通してみられることは分かっております。

 

まぶたの下にできやすいようしんとして推測できるのが、まぶたの皮膚は他の部位の皮膚に比べて非常に薄く、分泌量も少なくかえってそれがバリア機能を弱めているとも言えます。

 

目はまばたきなど常にまぶたが運動をしている状態でもあります。

 

これが汗管腫と関わっているのではないかとも言われています。

 

アイメイクなどで目の周りがダメージをうけ続けていった結果とも言われております。

 

まぶたの皮膚の特性や動き続けいるということが汗管腫へつながっているのではないかという見方ができます。

 

眼瞼黄色腫:高脂血症、高リポタンパク血漿の合併症として起こる症状です。

 

黄色みを帯びた塊が生じます。

 

眼瞼(まぶた)や上まぶたの皮膚の表面にできるとも言われています。

 

高脂血症の方にこのような症状が現れた場合、心疾患や心筋梗塞の可能性があるので、病院の受診をおすすめします。

 

稗粒腫・汗管腫で自分ができること

 

稗粒腫:皮脂で毛穴をふせぐために蒸しタオルで目を蒸すといいかもしれません。
(やけどには注意してくださいね)

 

洗顔も気を配ることも良いことです。

 

レチノール配合の化粧品も効果が期待できます。

 

汗管腫:まぶたへの刺激をできるだけ抑え、食生活の見直しや保湿ケアにも気を配りたいものです。

 

ここへ訪問された方はおそらく汗管腫で悩まれている方とお見受けします。

 

そこで、目の周りのポツポツにサヨナラできる商品をご紹介したいと思います。

 

お勧めのオールインワンジェル!

 

お勧めなのが。「つやつや習慣」という商品です。

 

レチノールより汗管腫に効果が期待できるあんずエキスとはとむぎエキスを配合。つやつや習慣を3分から5分間丁寧にマッサージしてみてください。すると角質が押し出されてくる変化が見られます。

 

取れる直前、黒っぽく枯れたように硬く変化してきます。それが根元からポロリと取れるのです。

 

もちろん痛みもなく。

 

オールインワンのジェル状化粧品なので、これ一つでお手入れが完了します。

 

まずは個人差はありますが、3カ月をめどに使ってみてください。きっとご満足いただけると思います。

 

病院へ除去してもらう前に治療費や傷が心配であれば、じっくりとつやつや習慣でポツポツをなくしてみませんか?

 

>>イボに効果的なオールインワン「艶つや習慣」の詳細